顧問税理士は起業の力強いパートナー

>

顧問税理士に依頼できる業務は沢山あります

この記事をシェアする

経営のアドバイス

起業が順調に進むと、拡大のためなどの資金繰りも必要になってくるなど、経営へのアドバイスが欲しくなってきます。このような時は、顧問税理士に相談をしてみましょう。
資金調達の方法やその運用の仕方などを、顧問税理士の知識を元に経営へのアドバイスをもらう事が出来ます。
また、目前の経営の問題だけではなく、資金調達をしたことによってどのような展望が望めるのか、中期・長期的なキャッシュフローを把握する事も出来ます。
初期の段階は中々思うように経営がうまく行かないものです。資金や資金運営の方法、税金対策などお金に関することはどんどん相談しましょう。
顧問弁護士に相談し自ら経営状態を把握する事で、事業主自体にも経営の知識がつき、顧問税理士と二人三脚で健全な企業経営をする事が出来るでしょう。

税理士選びのポイント

どのお仕事でもどのサービスにも共通して言えることなのですが、相性の合う税理士を探しましょう。「お友達」というよりは「パートナー」として迎え入れらえる税理士でないと、困った時に中々相談しにくかったりしますね。
かといってどんなに相性が良くても実務能力・知識などがしっかりしていないと、本末転倒になってしまいます。
理想としては「相性が合う、仕事にスピード感がある(レスポンスが早い)、会計業務から見越した経営相談に乗ってくれる」ことでしょうか。
後は、これも肝心なのですが、顧問税理士はあくまでアウトソーシングのお仕事です。一つの仕事の報酬が決まっています。料金体系がしっかり明確になっている事はとても大事です。かといって、依頼された仕事以外はやらない、というのも困りますね。
起業する際に顧問税理士を頼むときは、まずはお友達になって人間性を把握し、この人なら任せられると信頼を置ける関係になりましょう。


トップへもどる