顧問税理士は起業の力強いパートナー

>

起業するにあたり必要な準備は?

この記事をシェアする

起業するにあたって必要な資金

起業をするにあたって、まず心配になるのは初期資金になるかと思います。もちろん、ある程度の資金を貯めてからの決意をした起業になるケースがほとんどかと思われますが、それでも資金繰りに悩んだ場合は顧問税理士に相談をしてみましょう。初期の企業はなかなか融資が受けにくいものですが、顧問弁護士に同席してもらえば金融機関の担当者ともスムーズに話が進むでしょう。
また、資金調達に必要な「収益性・安全性・返済能力」に着目した決算書を作成することも出来ます。
会社の経理関係に関しても、どのような流れで経理を行えばいいのかアドバイスをもらう事が出来ます。経理関連に関して把握しておくことは、事業主としてはとても重要な事なのです。

最初から税理士さんは必要?

起業当初に税理士さんは必要か?と言われれば、会社の規模によりますので絶対に必要!とは言い切れません。ただし、ある程度の規模になるのを念頭に入れているのであれば(最初の意気込みとしても)、顧問税理士は必要、と言えます。
と、いうのは会社における商売の実務に関しては事業主が専門家と言えますが、事業主は会計・税務の専門家ではないのです。会社を経営するにあたって、キャッシュフローの流れを効率よく把握する事は経営に非常に大事な事です。会社の実務が忙しい社長が会計・税務まで把握するとなるとそれはいくら時間があっても足りません。会計・税務の専門家に実務をお願いする事は理にかなっています。また、起業当初からの金融機関との付き合いや、キャッシュフローなどを把握していれば、企業が大きくなった時に融通が利くようになるでしょう。


トップへもどる