>

会社起業と顧問税理士

この記事をシェアする

顧問税理士にお願いできる業務

顧問税理士にお願いできる業務は沢山あります!
・決算書、確定申告書類の作成
・経理業務代行(記帳代行)
・資金調達など金融関係のサポート
・経理、会計の指導
・年末調整など
会社における会計業務をほぼサポートすることができます。もちろん、事業主も大まかな流れは把握をしておかないといけませんので、その指導もきちんと行ってくれます。
例えば毎日出る領収書などの経費は、経理ソフトを使って処理をすると楽にできるのですが、そのソフトの導入から使い方、入力の仕方などを指導してくれます。
こまかい実務はもちろんなのですが、会社のキャッシュフローや経理・会計の知識を事業主に指導する、これも税理士の業務の一つです。その指導により、正しい経理・会計の知識を事業主が得ることで、数字から見ての経営戦略を建てる事が出来るのです。

スポットでの依頼も出来ますが

顧問弁護士をつけずに起業をした場合でも、「年末調整」や「決算期」にはその時期だけ税理士にお願いする事が出来ます。ただ、その場合は事業者自らの経理計算なので、節税対策などが全くできていない事も多くあると言います。その為、ギリギリになって決算をお願いしても、提出期限に間に合わせるので手一杯な事が多く、無駄な支出もあるかもしれません。
起業当時から顧問弁護士をお願いしていれば、起業当時からのお金の流れを把握しているので、適切な節税対策についても指導をしてくれます。
また、税金に関しては毎年法律が更新されるので事業主が全て把握するのも難しい事です。
早く正確に、無駄なく書類を作成してもらう為にも顧問弁護士がいると助かりますね。


トップへもどる