起業の前に税理士さんと友達になろう!

顧問税理士は起業の力強いパートナー

税理士とは会計・税務の実務を行う専門家です

設立する会社の形態・規模にもよりますが、法人設立として株式会社を起業する場合は「登記簿登録」などの初期費用が50万円ほどかかります。もちろん、このほかにも定款認証手続きや資本金など、起業には最初から大きめのお金の動きがあるのです。(個人事業として起業する場合にはこの限りではなく、事業の規模が大きくなった時にこれらの手続きをする事も可能です。)
これらの会計の流れをもちろん起業者自ら行う事は可能ですが、非常に手続きが煩雑です。そこで、こういったお金の流れの実務をアウトソーシング(税理士)にお願いする事は、手続きにも間違いがなく効率よく行えることでしょう。
とはいっても、起業に関する最初の手続きくらいは自分で行いたい、と思われるかもしれません。ここで顧問税理士をつけるほど資金に余裕がない、と言う方もいらっしゃるかもしれません。
実は、顧問税理士はそこまで多額の顧問料がかかるわけではないのです。
システムとしては必要な時に顧問契約を結んだ会社に訪れるので、その訪問料が年商売り上げ1000万規模の会社でしたら1か月に1回訪問するとして20000円~(税理士によって違います)になります。3ヶ月に一回だと15000円~。これに給与計算・記帳代行などの毎月の作業が追加料金となります。顧問税理士をつけても、一人分のお給料を払うよりは安い経費と言えます。
起業した会社が軌道に乗り年商が増えてくると作業量も増えますので、税理士料金も高くなりますが、その頃には顧問税理士の顧問料に悩むことは無くなっていることでしょう!
これらの税理士の仕事をよく把握していれば、会社のお金の流れがイメージしやすいですね。
独学やセミナーでは中々詳しい事は分からないものです。起業前に是非税理士さんとお友達になって、お金の流れについて色々と教えてもらいましょう。

会社起業と顧問税理士

ニュースなどでもよく聞く「税理士」国家資格のいるお仕事で、会計・税務の実務を行う専門家です。規模の小さな会社や個人事業だと、会計や税務は事業主自らが行う場合もありますが、ある程度の規模になると税理士にお願いをした方がお金の流れを管理しやすいと言えます。

起業するにあたり必要な準備は?

起業するにあたり資金的に必要なものが沢山あります。商売の元手となる資本金の他に、国に会社を登録する「登記簿登録料」「定款認証手続き」などの諸経費です。 その資金の中から、更に初期投資としてのオフィス賃貸料、宣伝、などの諸経費も必要になります。

顧問税理士に依頼できる業務は沢山あります

年末調整などのスポット業務のみではなく、今までの会社のお金の流れをよく知っている顧問税理士だからこそ、その会社の金銭の流れについてはエキスパートと言えます。税理士によっては、事業を金銭面から見てくれるパートナーとして相談をする事も出来るかもしれません。

トップへもどる